相続税のことならFUJITA税理士法人

0120-459-530 / 札幌のFUJITA税理士法人電話番号

営業時間 平日8:30~17:30 平日夜間・土日も面談可能

お問い合わせ・資料請求

相続税・遺言のご相談は札幌・FUJITA税理士法人

税制改正の経過措置 ~小規模宅地等の家なき子特例~

平成30年度の税制改正により、小規模宅地等の特例うち特定居住用宅地等について改正が行われています。これは平成30年4月1日以後の相続について適用されるものですが、経過措置により平成32年(令和2年)3月31日までの相続については現行の制度が適用できるものとなっています。その経過措置の期限も間近となってきましたので改めて現行制度と改正後の違いについて整理してみました。 ■そ…

詳細はこちら

2019/11/29カテゴリー:

胎児の相続権について

民法第3条1項において、「私権の享有は、出生に始まる」とされています。出生とは一般的に生まれたときと解釈されるため、民法上の基本的な権利は出生後に有することとなると言えます。但し、相続権については例外的に出生前の胎児であっても有するものとされています。あくまでも例外規定となります。  なぜ相続権は例外的な扱いなのか 相続開始時に胎児であった者が相続人になれないと、胎児は不利益…

詳細はこちら

2019/11/05カテゴリー:

教育資金贈与の非課税制度

教育資金贈与の非課税制度とは、祖父母などの直系尊属から30歳未満の子・孫に教育資金を一括拠出した場合に1,500万円を上限に一定条件の下で贈与税が非課税となる制度です。 これは60代以上の世代から若年世代に資産を移転させることを目的としたもので、贈与された資金が有効に使われることまでを視野に入れた税制措置です。(1)教育資金の範囲 ①入学金、授業料、入園料など ②学用品の購入費、修学…

詳細はこちら

2019/10/30カテゴリー:

相続時精算課税制度の有効な活用方法

相続時精算課税制度は基本的には節税対策として有効ではありませんが、場合によっては節税対策として活用できるケースもあります。そこでそのうち2つほど例をあげてみたいと思います。 ■保有している利回りの良い賃貸物件の贈与例えば年間500万円が手元に残るアパートやマンションを保有している場合、修繕費や空室リスクなどを考慮しなければ単純に20年間で1億円のキャッシュを得るこ…

詳細はこちら

2019/10/20カテゴリー:

相続時精算課税制度の注意点

相続時精算課税制度は使い方によってはとても良い制度です。この制度は高齢化に伴い財産の移転が以前よりも遅れてきていることから早く子や孫へ財産を移転させて消費を活性化させたい国の考えが背景にあります。親(祖父母)から贈与を受けた子又は孫は親(祖父母)への感謝の気持ちも生じますし、それで消費活動が活発になるのであれば良いことです。 ただし、相続税の節税対策としては一部のケースを…

詳細はこちら

2019/09/20カテゴリー:

お問い合わせ・資料請求