相続税のことならFUJITA税理士法人

0120-459-530 / 札幌のFUJITA税理士法人電話番号

営業時間 平日8:30~17:30 平日夜間・土日も面談可能

お問い合わせ・資料請求

相続税・遺言のご相談は札幌・FUJITA税理士法人

個人版事業承継税制の創設

個人版事業承継税制創設の背景昨年、平成30年度の税制改正において、非上場株式の納税猶予制度が大幅に拡充され、使いやすくなりました。具体的には、総株式数の2/3までという制限の撤廃や、納税猶予割合の引上げなどの措置がとられました。 そこで、今回平成31年度の税制改正では、個人事業者の事業承継を促進するためにめ、10年間限定で、事業用資産の承継に係る相続税・贈…

詳細はこちら

2019/02/10カテゴリー:

実地調査の割合が12%台へ減少。調査件数はほぼ変わらず!

平成30年12月に国税庁より最新の税務調査に関する状況について発表がありました。国税庁においては7月から6月を1事務年度としているため、今回の発表は平成29事務年度(平成29年7月から平成30年6月30日)に関してのものとなっています。相続税の調査は申告書を提出してから2年後に行われるのが目安となっているため、今回の公表値は主に平成27年に発生した相続が調査対象となっています。 …

詳細はこちら

2019/02/02カテゴリー:

相続税対策について

平成27年改正の基礎控除額40%減額により、相続税の申告は一部の富裕層のみではなく、一般の人々にも身近なものとなり、相続税対策は多くの方の関心を集めるテーマとなっているようです。 相続税対策は数百万円、場合によっては数千万円の節税が可能となる反面、正しい方法で実施しなければ税務調査で指摘を受け、やってきたことが全て否認されてしまうことがあります。また、一般的に効果的な相続…

詳細はこちら

2019/01/07カテゴリー:

税務調査で問題になりやすい論点② ~名義預金~

「名義預金」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。名義預金とは、自分以外(ここでは仮に配偶者とします)の預金口座であってもその口座に入っているお金は自分の口座などから移しているものであり、口座管理なども自分が行っている場合におけるその預金を指します。配偶者の預金通帳であるため形式上は配偶者のものですが、実態は自分の預貯金と同一であるため自分の財産として相続税の申告対象となります。…

詳細はこちら

2018/12/28カテゴリー:

仮想通貨に係る相続税・贈与税の取扱い

先月11月21日に国税庁が「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」を公表しました。その中で相続税・贈与税関係の部分について解説していきます。  仮想通貨を相続や贈与により取得した場合の課税関係 仮想通貨を持っている方がなくなった場合には相続税の対象になりますし、仮想通貨を贈与により取得した場合には贈与税が課されます。これは、相続税法では経済的価値の…

詳細はこちら

2018/12/12カテゴリー:

お問い合わせ・資料請求