生命保険契約照会制度について

  • 相続ブログ

生命保険契約照会制度とは、2021年7月より一般社団法人生命保険協会が提供するサービスで契約者・被保険者が亡くなった場合に法定相続人、法定代理人、3親等内の親族などが依頼することとで生命保険協会が生命保険各社に生命保険契約の有無を照会してくれるものです。
今までは、高齢者が独居のまま亡くなったり認知症を患っていることも多く、生命保険契約を把握しきれない現状がありました。
生命保険金が支払われるためには保険請求する必要があるため、存在を知らずにそのままとなってしまっていることもあるかと思います。

利用料は3,000円(税込)で、下記の場合に照会することが可能です。
➀死亡
②認知判断能力が低下(医師の診断が必要)
③災害時に行方不明

また、制度を利用できる方は下記の通りです。
➀照会対象者が死亡している場合
法定相続人、法定代理人または任意代理人、遺言執行人など

②照会対象者の認知判断能力が低下している場合
法定代理人、任意代理人、3親等内の親族など

この制度を使う事で保険契約を探す手間が無くなり、紛失している場合でも安心です。
是非ご活用下さい。

執筆者:阿部 拓未