相続税のことならFUJITA税理士法人

0120-459-530 / 札幌のFUJITA税理士法人電話番号

営業時間 平日8:30~17:30 平日夜間・土日も面談可能

お問い合わせ・資料請求

FUJITAブログ

相続税・遺言のご相談は札幌・FUJITA税理士法人

任意調査と強制調査の違いとは?

「税務調査があります」と聞いて楽しみにする納税者はいないと思いますが、ひとことに税務調査と言っても「任意調査」と「強制調査」に大別することができます。 「任意調査」とは、国税通則法という法律により国税庁の職員に認められている質問検査権に基づくものであり、それは次のように定められています。 国税通則法第七十四条の三国税庁等の当該職員は、相続…

詳細はこちら

2018/09/28カテゴリー:

税務調査の割合は約20%!

国税庁においては7月から6月を1事務年度としているため、直近では平成29年7月から平成30年6月30日の事務年度が終了しています。 この間における相続税調査の実施状況については11月頃に公表されるため詳細はまだ分かりませんが、平成29年11月に公表された前々事務年度においては下記のようになっています。    項目 実績① 調査対象 主に平成26…

詳細はこちら

2018/08/30カテゴリー:

平成30年の路線価が発表されました

土地を評価するうえで切り離すことが出来ない路線価ですが、平成30年分の金額が国税庁より7月2日に発表されました。 相続税の財産評価をするにあたり、土地については亡くなった年の路線価を基に計算する必要があります。そのため、今年亡くなられた方の土地を評価するためには今年の路線価が発表されなければ正しい金額を求めることが出来ないため、路線価の発表を待っていた実務家も多いかと思われます。&nbs…

詳細はこちら

2018/07/11カテゴリー:

小規模宅地等(家なき子特例)の改正

通称「家なき子特例」とは、被相続人の居住用宅地等を相続した相続人が、下記要件を満たす場合は特定居住用宅地等として土地の評価減ができる小規模宅地等の特例の一つです。 ■要件①・・・被相続人に配偶者及び同居親族がいないこと。 ■要件②・・・取得する相続人は、相続開始前3年以内に自己又は自己の配偶者が所有する家屋に居住してい                          …

詳細はこちら

2018/06/11カテゴリー:

広大地の評価方法が変わります

平成29年12月31日までに相続があった場合、下記の全てを満たす土地については「広大地」として一定の評価減をすることが出来ました。 ■5万㎡以上の大規模工場用地に該当しない ■その宅地の最も合理的な利用方法が中高層のマンション敷地ではない、若しくは既にマンション敷地として利用していない ■その地域における標準的な宅地の地積に比して地積が著しく広大である ■道路や公園などの開発行為が必要 …

詳細はこちら

2018/01/09カテゴリー:

お問い合わせ・資料請求